« フェイスカット | トップページ | BB、クランク取付 »

2008年3月25日 (火)

TST Micro with remoteって

TST Microのリモート無しと一緒に考えてはダメでした

なぜ?
正確な仕様は取り説がシンプルすぎて分からないのですがリモートが付くとTST5の
5段階コンプレッション調整機能が無くなるようです
その代わりにセンターのダイヤを回すことによってTSTのDS(オープン)から
CL(ロック)まで無断階に調整できます
そしてリモートによってDSモード(オープン)と設定したコンプレッションモードを切り替える
仕様になっています
そうTST5 with remoteも5段階設定のひとつを決めてそのモードとCL(ロック)モードを
リモートで切り替える仕様だから似てる!
基準になるモードがDSかCLの違いは使用者の好みだけど自分は完全ロックアウトは
好きでは無いので好みのコンプレッションを設定できるTST MicroがBestです!Dsc03162

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

人気ブログランキングへ

|

« フェイスカット | トップページ | BB、クランク取付 »

コメント

はじめまして。
いきなりで申し訳ないですが、お聞きしたいことがあります。
08XC700ATAを最近入手しましたが、以下のことで悩んでいます。
何かお分かりになるようでしたら、教えていただけませんか?

・TST microで、走行中にロックアウト(CLモード・一番上)まで入れて走っていて、
モードを変えようとすると(下に回す)硬くて回りません。
一旦停車し、かなり力を入れると回るようになります。
また、停車時であれば回るのですが、そんなものでしょうか?
・CLモード以外から、CLインターミディエイトモード(CLのひとつ下)に入れても
特に硬くなるわけでもなく、AMモードのままのようです。
一旦CLモードに入れてから、CLインターミディエイトモードに入れると
硬いままで、強い衝撃を加えるとブローオフするようです。
ブローオフした後はやわらかいままになるのですよね?
一旦CLに入れないといけないものなのでしょうか?
・基本的なことですが、インターミディエイトモードというのは、
カチっととまる所と所の間ということで間違いないでしょうか?
・ATAにエアを充填するときに、サスペンション用のポンプで行っていますが、
ここにポンプの先をつなぐと、どんなに回しこんでもエアが漏れてしまいます。
下側のPARは問題なく使えています。
ATAのバルブって、普通の米式と違い直線部分が二箇所ありますが、そのせいかな?
と思っているのですが。。

いきなりで長々とすいません。
わかることだけでもいいので、教えて頂けると助かります。

宜しくお願いします。

投稿: kon | 2008年7月15日 (火) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェイスカット | トップページ | BB、クランク取付 »