« やっぱりトリガー | トップページ | GPSレシーバー »

2009年5月 3日 (日)

チューブドリムをノーチューブ化

手持ちにあった16~17mmリム内幅用のJOE'S TUBELESS RIM STRIPSを
使ってXM719DISCをノーチューブ化してみました
ちなみに719のリム内幅は19mmです
本来はワンサイズ上のTUBELESS RIM STRIPSを使うのですが・・・

チャレンジです!!

Dsc03769
















では準備
NO FLATS: JOE'S TUBELESS RIM STRIPS XC、リムテープ
Notubesのシーラント
リム:MAVIC XM719DISC
タイヤ:MAXXIS ランチェロ2.0(チューブド)
Dsc03771
















作業 1 リムにリムテープ巻き
このNO FLATSのテープはとても薄くて表面がつるつるしています
ちょっと頼り無い・・・
巻き方としてはバルブコア部分を外して貼り付けます
Dsc03773
















Dsc03777
















作業 2 TUBELESS RIM STRIPSの取付け
バルブをリムにさしこみRIM STRIPSを引っ張りながらリムに
取付けます
その際にRIM STRIPSの張りを均等に、またRIM STRIPSをリムのセンターに
対してできるだけ左右にブレないように取付けるのがポイントです
Dsc03780
















作業 3 タイヤの取付け
私の場合はシーラントをインジェクターで注入しますのでタイヤをすべてリムに
はめ込みます
このときRIM STRIPSが少しずれるのではめ込み後に再度RIM STRIPSの
左右のブレを直します
Dsc03785
















Dsc03787
















Dsc03788
















作業 4 シーラントの注入
Notubesのシーラントをよく振ってからインジェクターを使ってタイヤに注入後に
シーラントが漏れないようにホイルを1回転させてタイヤ内にシーラントを
行き届けています
Dsc03789
















作業 5 エアー入れ
ひたすらフロアポンプと格闘かと思ったら意外とあっさりとエアーが入りました
エアーの入れ方はホイルを寝かさず立てた状態です
ただしひとつコツがあったのですがホイルを地面から持ち上げてエアーを
入れるのです
ホイルを立てた状態で地面に置くやり方だとタイヤと地面が接地している部分で
タイヤが折れ曲がる事によってできた隙間からエアーが多く漏れるですがホイルを
持ち上げることにより隙間も少なくなりフロアポンプでもエアー入れができました
エアー入れ後しばらくはリムとタイヤの隙間からシーラントの泡ができ来ますが
ホイルを左右に揺すったり輪ましたりと隙間のある部分にシーラントを行き届けると
徐々に収まります

さあこれで完成
リムとタイヤの相性が良かったのか苦労なくノーチューブ化できました

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ

人気ブログラン

|

« やっぱりトリガー | トップページ | GPSレシーバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱりトリガー | トップページ | GPSレシーバー »