« twitter | トップページ | 晴れろ!! »

2010年4月15日 (木)

Tiフォークの良いとこは

なんだろう。
軽量で粘りがある感じだけどフォークの場合の利点は何だろう?
そしてNinerカーボンフォークと比べて良い点と劣る点は何かな?

嫁号の29erもフルリジッドにするのですがフォークを何にするか検討中。
Tiフォークにして気分でカーボンと付け替えてもいいな。

でも資金か・・・

Kazz

|

« twitter | トップページ | 晴れろ!! »

コメント

私が思うところで、振動吸収性、剛性、強度だと思います。
強度と言っても、ねじれ、引っ張りに対する強度ですね。

たぶん3つの点全てで、カーボンの方が優れているでしょう。
まあ、あくまで、オフロード走行可とされているカーボンフォークに限ってですが。

振動吸収性については、当然カーボンです。
素材特性もそうですし、成形の自由度が高いので、振動吸収性を高める形状にもできます。

剛性については、これも素材特性と設計で決まりますね。
チタンは基本的にプレーン管ばかりでバテッド管はほとんどありませんし。

強度については、以前、Tiフォークをゆるめのトレイルでへし折ったという人を知っているので、やはりカーボンには及ばないと思います。

ただ、ここからが本番ですが、Tiでもめちゃくちゃ強いものがあります。
OSさんが使っているようなトラス構造のようなフォークです。
これは強度、剛性はものすごいはずです。
振動吸収性にも優れるでしょう。

プレーン管しかないというTiの難しい点を見事克服してます。
でも、もちろんデメリットもあります。
高い!
あれだけTiを曲げて繋げてるので高くて当然です。
地球上ではありふれた素材なのに、加工、精製の難しさで値段が高くなるTiですが、あのフォークは本物の職人じゃないと作れませんね。

私は、ちゃんと登って下れるバイクはフォークの剛性次第だと思ってます。
なので、Tiならトラス形状、金額的に無理がある場合はカーボンというのが無難だと思います。

まあ、普通の2本レッグのTiフォークを使ったことがあるわけではないので、想像の域を脱しませんが、こんな感じで考えてます。


投稿: h-abco | 2010年4月15日 (木) 22時18分

>h-abcoさん

長!


>kachinasさん

tiフオーク、魅力的ですよね。僕のトラスフォークはほんと剛性がすごいんですよね。で、2本になっているレッグ部分を握ると、たわむんです。吸収性も悪くないですよ。

でも、1日、フルサスやハードテイルの人たちとガンガン下ると、体中がガタガタしますが。。

そこで、ファットフロント!これ無敵ですよ!パグズリーフォークより軽いし、剛性あるし、最高です!明日、乗ってみてくださいね。

普通の2本のtiフォーク、僕もまだ使ってないんですが、使いたいですねー。どうなんでしょうかねー。

どなかた、一本、行っていただきたいですねー!

投稿: OS | 2010年4月16日 (金) 09時35分

h-abcoさん
Tiフォークが折れますか。
これを聞くと2本足だと不安になりますがトラストフォークまでは厳しいですね。

わかり易いコメントありがとう!

OSさん
天気が回復したらお願いしますね。
2本足は気になりますが折れるって聞くとね・・・
でもBlack Sheep Bikesなら大丈夫ですかね。
人柱になるか!

投稿: KACHINAS | 2010年4月16日 (金) 12時56分

Black Sheepのユニクラウンフォーク頼んじゃいました!

来るまで時間はかかると思いますが、乗って試してくださいね。

投稿: OS Bikes | 2010年5月20日 (木) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« twitter | トップページ | 晴れろ!! »